FXの知識

FXで大損をしないたった一つの方法を解明して完全攻略!

FXで勝てなくても大損しなければチャンスが来る

FXで勝っているトレーダーが全体の1割以下であるということはもはや有名な話です。

そのため、FXで勝つということがどれほど難しいのかはFXをやる人間であれば大半が理解していることです。

 

ただ、FXで勝つことが難しいと知っていても、ほとんどのトレーダーは自分ならいけると思い込み、大した策もなく相場に突っ込んでいき、結果退場していきます。

FXで退場してしまうというのは資金を溶かして証拠金不足になりトレード不可能になるということです。

 

では、やはりFXは9割が遅かれ早かれ退場してしまう世界だから何の対策もしようがないのかというと、そうではありません。

FXで退場しにくくする方法はいくつか存在します。

 

今回は、FXで退場しにくくするための方法の一つを紹介していこうと思います。

技術的なことではなく、誰でも取り組めることなので、今回の記事をきちんと読んだうえでFXで退場してしまわないように日々のトレードをしていってください。

FXで大損しないためには体調と精神状態を意識しろ

FXで大損しないコツは…結論から言うと体調と精神状態を意識することです。

・体調が悪い日はトレードをしない。

・精神状態がおかしい時はFXをやらない。

それだけの話です。

なぜ体調が悪い時にFXをやってはいけないかというと、体調が悪い日は体がだるかったり思うように動かなかったりして、相場を見て分析しているだけでも苦しく感じてしまい、早くポジションをとって今日は寝ようと思ってしまい、その結果トレードを焦ってしまい損失につながるという恐れがあるからです。

同じく、精神状態がおかしいときにFXをやっていけない理由は、精神状態が正常でないということはFXにおける判断にも影響が出てしまい本来の実力が出せずいつもはしないミスをしたりいつもは勝てる場面で負けてしまうことが予想されるからです。

 

特に、FXで負けが続いていてストレスやイライラが溜まってきているときなんかは絶対にFXをやめましょう。

それ以上やっても余計に損失が増えていき、次でとりかえそう次こそは勝とうと思っているうちに資金が10分の1まで減っているという最悪の事態になりかねません。

 

この二つを意識して、FXで大損するのを避けるためには体調がそこそこ良くて精神的にも落ち着いている日にトレードをすることがベストでしょう。

もしもFXで大損してしまったら

もしもFXで大損してしまったら人は一刻も早く負けを取り返したいと思うはずです。

あるいはそう思わないほど取り返しがつかない金額を負けてしまうこともありますがね。

 

そういうときは、すぐに次のトレードを行うのではなく、最低1ヶ月はFXをやらない期間をもうけてみましょう。

そうすることで自分のミスを分析したり新たな手法を研究したり基礎知識を勉強しなおしたりできますから次のトレードで勝てる可能性が高くなります。

 

FXをやらない一ヶ月間の間に自分がいつも取引している通貨ペアで大きな上昇があったりすると、いつも通りトレードをしておけばよかったと思ってしまいがちですが、それだけ大きな動きがあったということは負けが続いてイライラしている状態でトレードをしていたら大きな損失があったかもしれないという別角度からの見方をすることで気にならなくなります。

 

このように、FXでは簡単に勝つことは不可能でも、誰でも大損しない対策をすることは比較的容易なのでFXで大損ばかりしている人は今回の記事を参考にしてFXで大損しないように心がけてみましょう。