FXの手法

ハイレバスキャルピングでFXを完全攻略!

ハイレバとスキャルピングの相性は抜群

FXにおいてハイレバレッジとスキャルピングの相性は抜群です。

なんでかっていうとスキャルピングというトレードスタイルでより多くの利益を出すためにはそれなりに高いレバレッジをかける必要があるからです。

 

例えば一回5pipsで利食いするというルールを決めてスキャルピングを行う場合、1万通貨でドル円(1ドル100円と仮定)でトレードをして見事5pips獲れたとしても500円しか儲からないのに対して、100万通貨で5pips獲れれば5万円儲かるのです。

 

このような事実があるために、少ない獲得pips数で利食いを行うスキャルピングではより高いレバレッジをかけてより多い通貨数で行いたくなるのが人間の心理なんです。

スキャルピングで勝てる人の特徴

スキャルピングで勝てる人というのはいくつか特徴があります。

FXではデイトレードでは勝てていたのに、より多くの利益を求めてハイレバスキャルピングをやったら勝てなくなったという人が山ほどいますから、スキャルピングで勝てる人の特徴をよく理解して自分がスキャルピングで勝てる人間なのかどうか判断することが大切です。

一喜一憂しない

スキャルピングは数十倍から数百倍の高レバレッジをかけてポジションを取り、短時間で利食い、もしくは損切りを行うトレードスタイルです。

そのため、一回のトレードに対する緊張感はデイトレードやスイングトレードに比べると圧倒的に強いです。

故にスキャルピングで負けた人は奇声を上げて落ち込んでしまい、スキャルピングで勝った人は空に向かってガッツポーズをぶちかまし言葉にならない喜びを表現します。

 

しかし、スキャルピングにおいて一喜一憂しているようではいずれ冷静な判断ができなくなってしまい気付いたときには損切りを忘れて資金を全額溶かしてしまい退場になってしまいます。

このようなことがあるから一喜一憂しない人はスキャルピングに向いているし勝てると思われているのです。

勝てると思った時しかトレードしない

スキャルピングトレーダーにありがちなミスは、すぐにポジションを持ってしまうことです。

 

スキャルピングでは利食いと同じように損切りも5pips前後で行う人がほとんどです。

なので、5pipsくらいだったら負けてもいいからとりあえずここでポジションを持ってみようかなという軽い気持ちでトレードをしてしまい、それで負けたらまだ5pipsしか損してないし次取り返せばいいやとギャンブル狂のような思考に至ります。

 

よくよく考えればハイレバスキャルピングの5pipsはかなりでかいものだし5pips損してしまったら5pipsの利食いを二回しなければ収支がプラスにならないと分かるはずなのですが、スキャルピングトレーダーの中にはギャンブラーが混じっているためこういうミスをする人が多いんです。

 

勝てるスキャルピングトレーダーは決して軽い気持ちでポジションを持つようなことはせず、自分がここだと思ったタイミングでのみトレードを行います。

それでもし5pips逆行したらすぐに損切りを行うという極めて冷静なトレードができるのが勝ち組トレーダーの特徴です。

FXのありとあらゆる手法を知り尽くしている

FXのありとあらゆる手法を知り尽くしていれば、どの手法がスキャルピングと相性が良いかを知っているということになるため、スキャルピングで勝っている人はFXの手法に精通している人が多いと思います。

 

長年経験を積んできて得た確かな相場観確かなテクニカル分析確かなファンダメンタル分析によって5pipsの利食いを10回と3pipsの損切りを5回行い、1日に35pipsもの利益をたたき出します。

 

1日35pipsの利益ということは1ヶ月のうち市場が開いている20日間MAXでトレードを行うと700pipsとなります。

+700pipsを1年間継続できれば年間8400pipsを獲ったことになるわけです。

+8400pipsということは1ドル100円のドル円を1万通貨でトレードした場合でも84万円もの大金になりますし、これが10万通貨なら840万円、100万通貨なら8400万円、1000万通貨なら8億4000万円となります。

 

FXのありとあらゆる手法を知り尽くし、それを自分のトレードで活かすことができるスキャルピングトレーダーは間違いなく億トレーダーになることができるでしょうね。

ハイレバスキャルピングは海外FXでやるべき

ハイレバスキャルピングは具体的にどのくらいのレバレッジのことを指すのかというと、大体50倍以上です。

しかし、国内のFX業者では最大レバレッジが25倍というルールがあるのでハイレバスキャルピングを行うことができないのです。

 

そこで利用したいのが最大数百倍以上のレバレッジをかけられる海外FX業者。

 

海外FX業者であれば日本国内のFX業者のように最大レバレッジ25倍までというしょぼい制限をかけているところが少ないですし、海外業者の中には1000倍のレバレッジをかけられるところもあります。

FXでハイレバスキャルピングをやるのは非常に夢がありますが、もし自分が持ったポジションに対して相場が逆行してしまってなかなか損切りをできなかった時が怖いですよね。

資金を溶かすどころかマイナスになってしまい借金を背負ってしまうのではないかと怯えてなかなかハイレバスキャルピングに手を出せない人もいると思います。

 

しかし、海外の多くのFX業者では追証なしのゼロカットシステムを採用しているので仮に逆行して損切りができなくても証拠金を割った時点で強制決済される仕組みになっており、借金を背負うというようなことは有り得ません。

 

なのでハイレバスキャルピングをやりたい人は国内業者にめちゃくちゃ愛着があるとかでない限りは海外のFX業者でやったほうがいいでしょう。

スキャルピングに最適な海外FX業者「XM」に口座を開設する