FXの知識

FXで脱サラするためにFXを完全攻略!

FXで脱サラを狙う人々

FXでは脱サラを狙っている人はたくさんいると思います。

今働いている会社がブラックすぎて辞めたいけど自分のスペックが低すぎて転職してもホワイト企業に入れないからいっそFXで一発逆転してやりたいという人や、会社で人に使われるだけの人生に嫌気がさしてしまい完全実力主義で尚且つ自分ひとりで稼いでいけるFXの世界に参入してみたいという人がこの世の中溢れかえっていることでしょう。

 

今回は、そんなFXで脱サラを狙う人々のためにFXで脱サラをできるくらいにFXを完全攻略するにはどうすればいいのかをまとめましたのでご覧ください。

脱サラして専業トレーダーになるには

年間1200pips以上獲得する

FXで脱サラをするということはサラリーマンの年収と同等かそれ以上の年収をFXのみで稼ぎ出さなければいけないということになります。

 

では仮にサラリーマンとしての年収が240万円ならFXでどのくらいの通貨で取引してどのくらいのpipsを獲ればいいのか?それを紹介します。

・1ドル110円のドル円を1万通貨で取引した場合→年間+22000pipsで年収242万円

・1ユーロ130円のユーロ円を1万通貨で取引した場合→年間+19000円pipsで年収247万円

このように、主要通貨であるドル円やユーロ円で取引をした場合1万通貨では果てしないpips数を獲得しなければ年収240万円を超えられません。

これではあまり現実的ではないのです。

 

なので専業トレーダーになるのであれば10万通貨以上で取引するのが望ましいと言えます。

しかしそれでも2000pips前後獲らなければいけないので、資金やレバレッジを調整して何とか年間+1200pipsくらいで年収240万円稼げるようにする必要があります。

資金を100万円以上用意する

資金が少なければ100倍のレバレッジをかけても1万通貨くらいでしかトレードができません。

先ほど述べたように、一万通貨で取引してサラリーマンの年収を稼ぎ出そうと思ったら人間を辞めるしかないので、資金は最低100万円用意して、レバレッジは10倍以上を目安にして最低10万通貨でトレードを行うと良いでしょう。

 

なのでFXで脱サラを狙うのならまず100万円以上貯金するところから始める必要がありますね。

FXの勉強を辞めない

専業トレーダーになるには並大抵の努力と経験では無理です。

通勤時間も合わせて1日10時間会社に拘束されているサラリーマンであれば食事や風呂や睡眠などの時間を除くと4~6時間程度の時間しかFXの勉強に費やせる時間がありません。

 

1日5時間程度の勉強量を仕事で疲れ切った状態でいくら繰り返しても1日18時間勉強して勝ち組になった専業トレーダーたちには遠く及ばないので、FXで脱サラをするというのは非常に困難を極めるでしょうね。

 

とはいえ何もやらなければスタート地点にすら立てないので、まずは徐々にでもいいのでFXの勉強を始めてみましょう。

FXってなに?pipsってなに?どの口座がいいの?という初歩的なところから始めて、移動平均線と相性の良いインジケータはなんなの?ファンダメンタル分析とテクニカル分析の割合ってどのくらいがいいの?FXで勝ったお金はどのくらい税金がかかるの?という専門的なことまでみっちり学びましょう。

 

FXの本を買ってもいいですが、今の時代ネットでググれば大体のことはでてきます。

情報商材を買わない

FXを始めるときに情報商材を買ったところで稼げるようになる可能性は低いです。

情報商材を買って勝てるようになるのなら100万円でも1000万円でもだします。

 

しかし現実の情報商材は3万円とか5万円くらいの微妙に高い値段で売られていますよね。

 

あれはなんでかっていうとFX初心者に3万円払えばFXで月10万円以上稼げるようになるという洗脳をするためです。

数万円という値段はこのくらいの値段のものなら本当に価値のある情報が載っているに違いないと思わせるのには最適な価格だと思います。

 

あまり安すぎても胡散臭く思われて買いませんし、高過ぎたらほとんどん人が買えませんしね。

 

実際は値段に関係なく情報商材だけ買って稼げるようになんてならないので、そんなのに頼るくらいなら無料で見れるFXサイトを網羅して勉強しまくりましょう。

情報商材を売らない

情報商材を買うのもNGですが売るのもNGです。

 

確かにFX系の情報商材を売ってそれがヒットすれば月50万円くらいは儲かりますし、それくらい収入があれば速攻脱サラできてしまいますが、情報商材というのは永遠に売れ続けるものではありませんし、価値のない情報を売ってしまうとネット上に晒されて酷評されてしまい、その後誰もあなたの情報商材を買う人がいなくなります。

 

そうなった時、FXで稼げていれば脱サラしても専業トレーダーになれるのに、FXの情報商材を売ることでしか稼げていない人は情報商材が売れなくなったらまた社畜にならないといけませんので、本末転倒な結果になってしまいます。

 

まあ情報商材のみで1億2億3億という額を稼げれば脱サラしてでもやる価値はあるかもしれませんけど、そんなにヒットするということはまず考えられないのでそれだったら真面目にFXを勉強して専業トレーダーを目指すほうがいいかと…

FXを完全攻略すれば余裕で脱サラできる

ここまで読んで、FXで脱サラをするのが非常に難しいと分かってFXで脱サラなんて自分には無理なんじゃないかと諦めかけている人は、まだ諦めないでください。

 

FXはそもそも完全攻略してしまえば年収10憶円20憶円という大金を稼げる夢の詰まった世界ですし、一年間ブラック企業で働いて100万円貯めたらすぐ辞めてそのあと1年間ニートをやりながらFXに専念してみればいいじゃないですか。

 

それだけの挑戦をする価値はあると思います。

 

FXを完全攻略するというのは並大抵の努力はできませんから、それ相応の覚悟と行動をする必要があるのは事実ですが、長い人生、どこかで全力でチャレンジするというのも悪くないでしょう。

 

そのチャレンジするものが、野球であってもYouTubeであってもボクシングであってもFXであってもなんでもいいじゃないかと、どんなことに挑戦してもそれは等しく素晴らしいことじゃないかとそう思える人はきっとFXで勝てなくてもそのチャレンジしたという経験を武器にその次のステップに進めるような気がします。